post

概要

アクセス数を上げるには検索サイトの順位を上げたり、有名サイトからリンクしてもらうなどの必要があるため、特に検索という行動が一般化した現在においては、検索結果で上位に表示されることの重要度は非常に高くなっている。個人サイトであればわざわざ業者に依頼しなくても、ネットや書籍などで十分な対策ができるが、中には逆効果になるものもあるため、「嘘を嘘と見抜けなければSEO対策は難しい」と言えるだろう。特に検索サイトで上位表示にするにはページ全体をより見やすくする必要がある。それを専門とした業者が多数参入しているが、その殆どが新興企業なのか依頼する業者別に効果が異なる。「実績50位」であったにも関わらず、「実績No.1」など、実態のない実績をウリにする所も多いため、依頼する場合は細心の注意がいる。オンラインカジノをぜひ始めましょう!!!!

google-yahoo

ニコニコ動画などを始めとするサイトへ投稿した作品に検索に有効なタグを付加したりすることも広い意味ではSEOの一種とも言える。その他にはWikipediaや大手通販サイト、そしてここニコニコ大百科などの単語や商品の検索において検索上位に付きやすいサイトを利用して、そこに記事やレビューを自由に書くことで自分の都合を広めると言った逆転的な活用もされている。しかし一部では特に恣意的な評判を広めるために使われるなどの悪用もされてしまっている事も問題視されており、しばしば話題に挙げられるAmazonのレビュー覧などがその好例と言える。

SEO対策はやることが明確!!

SEO対策の骨格作りを難しくしている要因は以下の2つだと考えます。検索エンジンの要求が「ユーザーにとって良いコンテンツ」と曖昧である細かい施策が多く、優先順位が立てにくいブラックハットSEO※はある意味で施策が明確でしたが、今から行うべきSEO対策は上記の理由から一見曖昧に見えてしまいます。しかし、実は、SEO対策のプロセスは極めて明確です。ブラックハットSEOとは、検索アルゴリズムの不完全性を利用した不正なSEO対策のことで、外部リンクの購入などがあります。

狙うキーワードを決める →( 内部対策 + 外部対策 )

様々なメディアで言われていることも集約するとこのように抽象化できると思うので、フレームワークとして骨組みを作っていきます。今回は、私がこのブログを書くときに気を付けたことを事例に、SEO対策の実践プロセスを一貫して見ていきましょう!!