post

SEO対策って何?

概要

アクセス数を上げるには検索サイトの順位を上げたり、有名サイトからリンクしてもらうなどの必要があるため、特に検索という行動が一般化した現在においては、検索結果で上位に表示されることの重要度は非常に高くなっている。個人サイトであればわざわざ業者に依頼しなくても、ネットや書籍などで十分な対策ができるが、中には逆効果になるものもあるため、「嘘を嘘と見抜けなければSEO対策は難しい」と言えるだろう。特に検索サイトで上位表示にするにはページ全体をより見やすくする必要がある。それを専門とした業者が多数参入しているが、その殆どが新興企業なのか依頼する業者別に効果が異なる。「実績50位」であったにも関わらず、「実績No.1」など、実態のない実績をウリにする所も多いため、依頼する場合は細心の注意がいる。オンラインカジノをぜひ始めましょう!!!!

google-yahoo

ニコニコ動画などを始めとするサイトへ投稿した作品に検索に有効なタグを付加したりすることも広い意味ではSEOの一種とも言える。その他にはWikipediaや大手通販サイト、そしてここニコニコ大百科などの単語や商品の検索において検索上位に付きやすいサイトを利用して、そこに記事やレビューを自由に書くことで自分の都合を広めると言った逆転的な活用もされている。しかし一部では特に恣意的な評判を広めるために使われるなどの悪用もされてしまっている事も問題視されており、しばしば話題に挙げられるAmazonのレビュー覧などがその好例と言える。

SEO対策はやることが明確!!

SEO対策の骨格作りを難しくしている要因は以下の2つだと考えます。検索エンジンの要求が「ユーザーにとって良いコンテンツ」と曖昧である細かい施策が多く、優先順位が立てにくいブラックハットSEO※はある意味で施策が明確でしたが、今から行うべきSEO対策は上記の理由から一見曖昧に見えてしまいます。しかし、実は、SEO対策のプロセスは極めて明確です。ブラックハットSEOとは、検索アルゴリズムの不完全性を利用した不正なSEO対策のことで、外部リンクの購入などがあります。

狙うキーワードを決める →( 内部対策 + 外部対策 )

様々なメディアで言われていることも集約するとこのように抽象化できると思うので、フレームワークとして骨組みを作っていきます。今回は、私がこのブログを書くときに気を付けたことを事例に、SEO対策の実践プロセスを一貫して見ていきましょう!!

post

サーチエンジンの比較で最も大事なことは?

検索エンジンの比較をした時に、日本では「goo」「エキサイト」「インフォシーク」「ライコス」「フレッシュアイ」など各社、独自の検索エンジンを持っていました。その後、日本に「Google」が上陸するとその人気に押され、「Yahoo!」のページ検索をはじめ、ほとんどの検索エンジンが「Google」を採用するようになりました。

そして検索連動型広告が大きなビジネスになることから、「Yahoo!」がYST、「MSN」がLive Serchを開発。「Google」キラーと呼ばれる新興検索エンジンも登場しましたが、ふたたび淘汰の時代へと向かいます。

2009年6月にマイクロソフトが次世代の検索エンジン「Bing」を投入。米Yahoo!とマイクロソフトの提携により、米Yahoo!もYSTからBingに変更されることとなりした。しかしYahoo!ジャパンは2010年7月にGoogleを導入を発表し、日米による「ネジレ現象」が起こることになりました。またWEB検索で以前にGoogle陣営からYST陣営に移動した、インフォシークやニフティを含む大手ポータルサイトの動向も気になるところです。

 

ロボット型(ページ・WEB検索)サーチエンジン

WEB検索に使われるロボット型サーチエンジンはYahoo!の「YST」と「Google」を使用するグループと独自のエンジンを持つ「msn」や「百度」などがあります。

ポイントはユーザーが入力したキーワードに対し、いかに良い品質の検索結果および順位を表示するかということになります。検索結果の向上やSEO防止対策のためにアルゴリズムの変更がよく行われます。

 

ディレクトリ型 サーチエンジン

ディレクトリ型(カテゴリ型)サーチエンジンは、登録申請のあったサイトをが手動でデータベースに登録していきます。登録する際に申請者がカテゴリーやキーワード、紹介文などを入力し、担当者が内容の確認を行うため、ユーザーが検索した際にサイトの内容が適切でわかりやすく表示されます。

代表的なサイトは「Yahoo!」や「All About」ですが登録されるには審査があるため、簡単には登録されません。ただ登録されるとYahoo!やGoogleなどのWEB検索のSEOに大きく貢献します。

「クロスリスティング」や「Jリスティング」は提携する検索エンジンのほとんどが、カテゴリ検索を縮小してきているため、以前よりメリットは少なくなってきていると思います。サーチエンジンでたと終えばオンラインカジノと選択した場合、大量の情報が流れこんできます。

その他に「Yomi Serch」などを利用した中小規模のサーチエンジンがたくさんありますが、それ自体はアクセスアップ自体にはあまり期待はできません。ただチリも積もればでSEOには大きな影響力を持っています。前述したように、膨大なサーチワードから、オンラインカジノ と選んだ中で、最も自分にふさわしいオンラインカジノを選ぶことを推奨します。