post

se231990年後半にかけて様々な検索エンジンが開発されましたが、1998年にグーグルが独自の検索エンジンを発表し、検索の内容に沿ったウェブサイトを発見できる検索エンジンとして、急速に世界でシェアを広げていきました。

グーグルの検索システムの特徴は、「ページランク」と呼ばれるアルゴリズムを用いているところにあります。

それまでの検索エンジンは、キーワードの出現頻度を元に検索ワードとウェブサイトの関連性の強さを評価し、検索結果の順位付けを行なっていましたが、グーグルの「ページランク」では、ウェブサイト間のリンクの数と強さから、検索ワードと特定のウェブサイトとの関連性を評価しています。

結果、単に検索ワードが多く記載されているリンク集のようなページではない、検索ワードにより関連性の高いページが上位にランクされるようになりました。