post

Blackhat-SEO近年の検索エンジンのアルゴリズムの複雑化と人為的な検索ランキングの操作への対策の結果、検索エンジンの「裏をかく」ような悪質なSEOは有効性を失いつつあります。

こういった種類のSEOは「ブラックハットSEO」と呼ばれ、そのような手法が利用されていると認定されると、そのウェブサイト、ひいてはそのウェブサイトを掲載しているドメインまでもが検索エンジンからペナルティーを受けることがあります。

ペナルティーには、対象ページの検索順位の格下げや、インデックス削除という検索対象からの除外といった処分などがあり、ドメイン全体がインデックス削除を受けた場合、新しいドメインとの再契約が必要になったりと、長中期的には大きな損害を被ることになりかねないので注意が必要です。