post

SEO対策って何?

概要

アクセス数を上げるには検索サイトの順位を上げたり、有名サイトからリンクしてもらうなどの必要があるため、特に検索という行動が一般化した現在においては、検索結果で上位に表示されることの重要度は非常に高くなっている。個人サイトであればわざわざ業者に依頼しなくても、ネットや書籍などで十分な対策ができるが、中には逆効果になるものもあるため、「嘘を嘘と見抜けなければSEO対策は難しい」と言えるだろう。特に検索サイトで上位表示にするにはページ全体をより見やすくする必要がある。それを専門とした業者が多数参入しているが、その殆どが新興企業なのか依頼する業者別に効果が異なる。「実績50位」であったにも関わらず、「実績No.1」など、実態のない実績をウリにする所も多いため、依頼する場合は細心の注意がいる。オンラインカジノをぜひ始めましょう!!!!

google-yahoo

ニコニコ動画などを始めとするサイトへ投稿した作品に検索に有効なタグを付加したりすることも広い意味ではSEOの一種とも言える。その他にはWikipediaや大手通販サイト、そしてここニコニコ大百科などの単語や商品の検索において検索上位に付きやすいサイトを利用して、そこに記事やレビューを自由に書くことで自分の都合を広めると言った逆転的な活用もされている。しかし一部では特に恣意的な評判を広めるために使われるなどの悪用もされてしまっている事も問題視されており、しばしば話題に挙げられるAmazonのレビュー覧などがその好例と言える。

SEO対策はやることが明確!!

SEO対策の骨格作りを難しくしている要因は以下の2つだと考えます。検索エンジンの要求が「ユーザーにとって良いコンテンツ」と曖昧である細かい施策が多く、優先順位が立てにくいブラックハットSEO※はある意味で施策が明確でしたが、今から行うべきSEO対策は上記の理由から一見曖昧に見えてしまいます。しかし、実は、SEO対策のプロセスは極めて明確です。ブラックハットSEOとは、検索アルゴリズムの不完全性を利用した不正なSEO対策のことで、外部リンクの購入などがあります。

狙うキーワードを決める →( 内部対策 + 外部対策 )

様々なメディアで言われていることも集約するとこのように抽象化できると思うので、フレームワークとして骨組みを作っていきます。今回は、私がこのブログを書くときに気を付けたことを事例に、SEO対策の実践プロセスを一貫して見ていきましょう!!

post

サーチエンジンの比較で最も大事なことは?

検索エンジンの比較をした時に、日本では「goo」「エキサイト」「インフォシーク」「ライコス」「フレッシュアイ」など各社、独自の検索エンジンを持っていました。その後、日本に「Google」が上陸するとその人気に押され、「Yahoo!」のページ検索をはじめ、ほとんどの検索エンジンが「Google」を採用するようになりました。

そして検索連動型広告が大きなビジネスになることから、「Yahoo!」がYST、「MSN」がLive Serchを開発。「Google」キラーと呼ばれる新興検索エンジンも登場しましたが、ふたたび淘汰の時代へと向かいます。

2009年6月にマイクロソフトが次世代の検索エンジン「Bing」を投入。米Yahoo!とマイクロソフトの提携により、米Yahoo!もYSTからBingに変更されることとなりした。しかしYahoo!ジャパンは2010年7月にGoogleを導入を発表し、日米による「ネジレ現象」が起こることになりました。またWEB検索で以前にGoogle陣営からYST陣営に移動した、インフォシークやニフティを含む大手ポータルサイトの動向も気になるところです。

 

ロボット型(ページ・WEB検索)サーチエンジン

WEB検索に使われるロボット型サーチエンジンはYahoo!の「YST」と「Google」を使用するグループと独自のエンジンを持つ「msn」や「百度」などがあります。

ポイントはユーザーが入力したキーワードに対し、いかに良い品質の検索結果および順位を表示するかということになります。検索結果の向上やSEO防止対策のためにアルゴリズムの変更がよく行われます。

 

ディレクトリ型 サーチエンジン

ディレクトリ型(カテゴリ型)サーチエンジンは、登録申請のあったサイトをが手動でデータベースに登録していきます。登録する際に申請者がカテゴリーやキーワード、紹介文などを入力し、担当者が内容の確認を行うため、ユーザーが検索した際にサイトの内容が適切でわかりやすく表示されます。

代表的なサイトは「Yahoo!」や「All About」ですが登録されるには審査があるため、簡単には登録されません。ただ登録されるとYahoo!やGoogleなどのWEB検索のSEOに大きく貢献します。

「クロスリスティング」や「Jリスティング」は提携する検索エンジンのほとんどが、カテゴリ検索を縮小してきているため、以前よりメリットは少なくなってきていると思います。サーチエンジンでたと終えばオンラインカジノと選択した場合、大量の情報が流れこんできます。

その他に「Yomi Serch」などを利用した中小規模のサーチエンジンがたくさんありますが、それ自体はアクセスアップ自体にはあまり期待はできません。ただチリも積もればでSEOには大きな影響力を持っています。前述したように、膨大なサーチワードから、オンラインカジノ と選んだ中で、最も自分にふさわしいオンラインカジノを選ぶことを推奨します。

post

ホワイトハットSEO

white-hat-seoブラックハットSEOに対して、良質と考えられるSEOは一般的にホワイトハットSEOと呼ばれます。

ブラックハットSEOのような手法が通用しづらくなるにつれ、正攻法を用いたホワイトハットSEOがますます重要となってくると考えられます。

例えば、閲覧者が簡単に効率よく提供している情報を発見できるようなウェブサイトの構築を心がけることが、検索ページが高順位を獲得するためには大切です。

また、検索キーワードが正しく反映されているコンテンツも重要ですし、多くの人に定期的に閲覧してもらえるような仕組み(例えばブログのように定期的に内容が更新されるようなサイト)を組み込むのも、閲覧数と閲覧者の層を増やすのに大きく貢献します。

更には、他のサイトに多くリンクしてもらえるような信用のあるコンテンツを持ったウェブサイトを用意することも大切です。

post

ブラックハットSEO

Blackhat-SEO近年の検索エンジンのアルゴリズムの複雑化と人為的な検索ランキングの操作への対策の結果、検索エンジンの「裏をかく」ような悪質なSEOは有効性を失いつつあります。

こういった種類のSEOは「ブラックハットSEO」と呼ばれ、そのような手法が利用されていると認定されると、そのウェブサイト、ひいてはそのウェブサイトを掲載しているドメインまでもが検索エンジンからペナルティーを受けることがあります。

ペナルティーには、対象ページの検索順位の格下げや、インデックス削除という検索対象からの除外といった処分などがあり、ドメイン全体がインデックス削除を受けた場合、新しいドメインとの再契約が必要になったりと、長中期的には大きな損害を被ることになりかねないので注意が必要です。

post

検索エンジンとSEO

World Mapはじめに紹介したように、SEOは「検索エンジンの結果において特定のウェブサイトを高順位に配置する手法」といえます。

前述のとおり、初期の検索エンジンではキーワードの出現頻度が検索結果内でのウェブサイトのランキングを左右したので、キーワードをウェブサイトに大量に埋め込むなど簡単な方法で検索ランクを引き上げることもできました。

しかし、この方法では検索者の求めるサイトを的確に提供することに限界があり検索エンジン側も工夫を重ねてきました。

現在では、検索エンジンは百種類を越す項目を検討し、ウェブサイトの関連性を評価しています。

また、検索エンジンの作成者は、使用しているアルゴリズムの詳細を一般的に公開はしないので、検索エンジンが個別のウェブサイトをいかに評価しているかというのは、はっきりと分からないのが実情です。

post

検索のメカニズム

se231990年後半にかけて様々な検索エンジンが開発されましたが、1998年にグーグルが独自の検索エンジンを発表し、検索の内容に沿ったウェブサイトを発見できる検索エンジンとして、急速に世界でシェアを広げていきました。

グーグルの検索システムの特徴は、「ページランク」と呼ばれるアルゴリズムを用いているところにあります。

それまでの検索エンジンは、キーワードの出現頻度を元に検索ワードとウェブサイトの関連性の強さを評価し、検索結果の順位付けを行なっていましたが、グーグルの「ページランク」では、ウェブサイト間のリンクの数と強さから、検索ワードと特定のウェブサイトとの関連性を評価しています。

結果、単に検索ワードが多く記載されているリンク集のようなページではない、検索ワードにより関連性の高いページが上位にランクされるようになりました。

post

検索エンジンとは

SEM2ここで一度SEOから少し離れ、検索エンジンについて説明します。

そもそも「検索エンジン」と呼ばれるものが登場したのは、インターネットの発達により、そこに掲載されている情報量が増大した結果、欲しい情報を迅速かつ的確に探し出す手段が求められたからです。

1990年初頭までは、インターネット上の情報の索引は、人の手によって行なわれていましたが、情報量が増えるにつれ、人力では手に負えなくなっていきました。

そして1993年に”Archie”と呼ばれる初めての検索エンジンが登場します。とは言え、この時代の情報量はまだそこまで莫大ではなく、索引も情報が記載されたファイルのファイル名を集めただけのものでした。

その後1994年に発表された検索エンジン”WebCrawler”で、ウェブサイト内の単語も検索の対象とする現在のシステムが確立されました。

post

なぜSEOが必要か2

top_10_best_seo_resources1SEOは、企業やオンラインビジネス関連のウェブサイトだけではなく、個人のウェブサイトでの利用の幅も広がっています。

個人のウェブサイトでは、「より多くの人に自分のサイトを閲覧して欲しい」といった単純な動機や、アフィリエイトプログラムからの収入を増やす為にウェブサイトの閲覧数を増やしたい、といった動機が考えられます。

なお、アフィリエイトプログラムとは、閲覧数に比例して広告報酬を得られる「成功報酬型広告」を利用した収益活動の一つです。

個人のウェブサイトに掲載された広告を閲覧者がクリックし、広告主の売上げにつながった場合、閲覧クリックの数量に比例して広告代がウェブサイト運営者に支払われる、という仕組みになっており、「Google アドセンス」や「Amazonアソシエイト」が有名です。

post

なぜSEOが必要か1

SEOSEOは主に企業やオンラインビジネス関連のウェブサイトでよく用いられます。

現在のウェブトラフィック、つまりウェブサイトの閲覧の流れは、GoogleやYahoo! Japan、Bingなどの大手の民間検索エンジンによって実質的に采配されています。

ビジネスとしては、自社のウェブサイトにできるだけ多くの閲覧者が訪れるようにして、新しい顧客を増やすことによって、少しでも売上げを上げようとします。

そのためには、閲覧者がある商品を探すためにインターネットの検索エンジンを使用した際に、その商品、もしくは関連商品を取り扱う自社のウェブサイトが、同様の商品を扱う他社を差し置いて可能な限り上位に、できれば1ページ目もしくはトップに表示されるのが望ましいと考えます。

それを可能にするのがSEOです。

post

SEOとは何か

424543546457645SEOは”Search Engine Optimization”の略で、日本語では主に「検索エンジン最適化」と訳されます。「検索エンジン最適化」はIT用語の一つで、ウェブサイトのデザインにおける技法の一つとされています。

「検索エンジン最適化」とは、特定のウェブページが検索エンジンを用いた検索結果でより上位に表示されるようにウェブページに工夫を凝らすことを指します。

こういった試みは、インターネットが普及し、検索エンジンと呼ばれる、インターネット上の欲しい情報を見つける際に利用されるプログラムができて間もなく行なわれるようになりました。

その仕組みや手法は追って説明しますが、まず「なぜSEOが必要とされるか」を次のページで解説したいと思います。